リサイクルトナーとは

印刷機器は、インクがなければどんなに優れた機械でも印刷することができません。
ランニングコストと呼ばれますが、消耗品である以上、どんな機器であったとしても費用を掛けながら印刷していくことになります。
感熱紙を使う方法もありますが、特殊な紙を使う事となりますので、インクと同様にコストが発生することになるのです。

レーザープリンターや業務用コピー機の場合、トナーを使って印刷していきます。
どちらも速度が速く、印刷精度も高いのですが、このトナーは決して安いものではありません。
印刷すればするほど消耗していきますが、交換一回にかかるコストは軽く見ることができないこともあるのです。
そこで、トナーカートリッジをリサイクルし、再利用できる形にして販売しているリサイクルトナーを使うところが増えてきました。

カートリッジを修理・洗浄して新しいトナーを詰め直し販売する方法ですので、コストはかなり下げることができます。
最大で90%カットできる商品もあるほどです。
さらに、新品を使う部分を減らすことができる分だけ、環境に対する負荷も下がる点は見逃せないところでしょう。
プラスチック製の部品を多く使うことになりますので、熱も出さないで済みます。

ですが、メリットばかりではありません。
デメリットも存在しますので、いったい何が問題になるのか、それはランニングコストの低減で吸収できるのかを考えておく必要があります。
安かろう悪かろうで、せっかくの機器を壊してしまっても仕方がありません。
どんな部分にデメリットがあるのかを知ることができれば、リサイクルトナーをもっと有効に活用できるようになるでしょう。


≪Special Link≫
様々なメーカーのリサイクルトナーカートリッジを販売しているサイトです→ リサイクルトナーカートリッジ